子どもの虫歯の原因は親の虫歯菌

ムシ歯は遺伝する。ムシ歯の多い親の子供は、ムシ歯がち。
あなたはそう思っていませんか?

しかし、そんなことはないと、歯科医師は答えます。
骨格、歯並びの遺伝はあっても、ムシ歯の遺伝はないのです。どうしてかと言うと、生まれたての赤ちゃんには、ムシ歯の原因菌のミュータンス菌の存在が確認できないからなのです。

ムシ歯はミュータンス菌が原因となって引き起こる、感染症なのです。ミュータンス菌は、歯の表面につい食べ物カスに棲みつき、長いあいだ棲み続けます。ムシ歯のメカニズムは、この、ムシ歯菌が酸を作り出し、その酸によって歯のカルシウム、リンなどの成分が溶け出され、エナメル質、象牙質を壊し、最後は歯根までたどり着いて、歯をすっかり破壊させてしまいます。

生まれたての赤ちゃんにいないはずのミュータンス菌、どうして、いつ、どのように赤ちゃんの口内に侵入してしまうのでしょう。

「赤ちゃんの周囲にいる大人たちが持っているミュータンス菌が、いないはずの赤ちゃんの口内へ、ミュータンス菌を届けてしまうのです」


それはお父さんが・・・

「自分の使った同じスプーンで、ご飯を上げている」
「食べ物が硬いと、お母さんが噛み砕いて与えている」

と言うような事をするので、そこからミュータンス菌は赤ちゃんの口内へと侵入してしまうのです。

いまムシ歯を持っている人、また過去にムシ歯だった人、日本人のおよそ90%が、このミュータンス菌を必ず持っているということです。

1歳半~2歳半までは注意をしましょう。それは母乳の免疫が切れて、自分で作り出す免疫機能がまだ中々安定してこないからです。

乳歯の生え揃い時期である3歳のころまでにムシ歯になってしまう子供は、なんと、36.5%にもなるのです。
そしてそのうち、2.1本がムシ歯とのことです(厚生省、1999年)。一度でもミュータンス菌が口内へ侵入すると、ムシ歯になりやすい状況になってしまいます。
と言う事は、このミュータンス菌の感染を少しでも遅らせる事ができるならば、ムシ歯になりにくくなる、と言う事なのです。

PMTCを利用して、いつものハブラシを使った歯の掃除では完全に落とすことのできない色素の定着や、歯石とも異なる付着したゴミ、ヤニなどを余すところなく洗浄します。
針の無い無針注射器シリジェットと各種デンタルレーザー治療器を併用して施術することで、むし歯も口内炎も嫌な痛みをほとんど与えないで治療を行う事ができるとされています。
口腔内の状況と同様に、他の部分の容態も忘れずに、担当の歯医者さんときっちりお話してから、インプラントの施術を依頼するようにしましょう。
歯を綺麗にする事を主な目的としているので、歯と歯の咬みあわせの事などをそっちのけにしているような事実が大変多く聞こえてくるらしいです。
人間の歯の表層を覆う生体で最も硬いエナメル質の真下の箇所より、口腔環境を示す酸性の度数がペーハー(PH)値が5.5から5.7より小さくなるとカルシウムやリンなどが溶出します。


虫歯にならないためには単に歯磨きのみでは難しく、大事なのはこの虫歯を誘発する原因菌を消し去ることと虫歯の状態の進展を歯止めをかけるという2大ポイントだと強くいえるのです。
カリソルブの使用は割かし細かな虫歯治療には向いていますが、大きめの虫歯の処置には適していないので、そこはご了承のほどお願いします。
まず口腔内に矯正装置をセットして、歯に安定的に圧力を常時与えることで人工的に正しい位置に動かし、良くない歯並びや噛みあわせなどを治す技法が歯列矯正なのです。
デンタルクリーニングというのは、歯周病の元となる菌の広がるのを阻む秀逸な手法だと科学的な根拠が示されており、なんとなく気持ちよいだけではないそうです。
診療機材等のハード面については、現時点の高齢化社会から請われている歯科医が自宅を訪問する歯科診療の目的を果たすことが出来るレベルに来ているということが言ってもよいと思います。


審美歯科治療の処置でこのセラミックを用いるシチュエーションには例えば歯冠継続歯の入替等が用途としてありますが、詰物等にも馴染み深いセラミックを用いることが可能なのです。実際のところ唾液は口内の掃除役と言われるほど大事ですが、その大事な唾液が減れば、口のなかの臭いがひどくなってしまうのは明らかだといわれています。
審美の方面でも仮歯は欠かせない存在です。両目の間をつなげる線と前の歯の端がまっすぐ同士でないと、顔の全部が歪んだイメージを受けます。
仮歯が入ってみると、見た感じが良くて会話や食事などの日常生活にも戸惑いません。更に仮歯そのものによって、他の治療中の歯が欠けたり歯列が乱れたりする事はないのです。
歯のおもてにこびりついた歯石や歯垢などを取るのを一般的にクリーニングと呼びますが、それらの歯垢や歯石等は実はむし歯の病因となる存在です。

深くなった歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には、不潔な歯垢が入ってしまいやすく、こうやって固着してしまったケースは、毎日の歯のブラッシングだけ行っても、すべて完全には除去できません。
永久歯というのは通常、32本生えますが、しばしば、永久歯の出そろう年齢になっていても、ある一部分の永久歯が、原因は分からないけれど生える気配のない時があってしまうようです。
ある研究の結果、顎の関節がおかしいという自覚症状に気づかない人でも、30%から40%の人が口を開いたりする状態で、これとよく似た不自然な音が発生することを分かっていたそうです。
もしもさし歯の根が破損したらそれは歯根破折と呼ばれていますが、悔しいことですが使用できない状態です。そのほとんどの事例では抜歯の処置を施す事になってしまいます。
口の開閉によって起こる筋肉の緊張を取り、曲がった顎関節の奥を正常化する運動を実践したり、顎関節の動作を支障なくするリハビリをしてみましょう。

歯科医師が自宅を訪問する歯科診療の治療は、医師の治療が一通り終了した後も口腔内のケアのために、定期的に何度かいつもお世話になっている歯科衛生士たちが、訪問することがけっこうあってしまうのです。
インフォームド・コンセントの推奨は、病気の状態を厳密に理解し、それに効果的な治療の手段に、前向きに打ち込みましょうという方針に端を発しています。
糖尿病という一面から考究すると、歯周病という病のために血糖の制御がほとんど不可能になり、それが原因で、糖尿病の病状の深刻化を導くこともありえるのです。
成人になったとしても永久歯がむし歯になりますが、その構造上乳歯は、永久歯に比べると酸への耐性が頼りないため、歯磨きを続けないと、乳歯のむし歯は容赦なく深刻になります。
いま現在、ムシ歯がある人、若しくは予てムシ歯を患っていた人、90%近くもの日本人がこうした虫歯を誘発する菌を、絶対に抱えているのです。

嫌なことに歯肉炎にかかると毎日の歯みがきの時、林檎などを齧りついたとき、歯ぐきから血が出たり、歯ぐきがなんとなくむずむずして痒いといった問題が見られるようになります。
口内炎の加減や発生する箇所によっては、舌が物理的に少し力を入れるだけで、大変な激痛が生じ、ツバを飲みこむ事すら難儀になってしまいます。
カリソルブという治療薬は、簡単に言い換えると「サイエンステクノロジーで虫歯になっている部分だけを溶かす治療薬」です。その治療中、問題のない箇所の歯には全然悪影響を与えない安全な治療薬です。
口の臭いをそのままにしておくことは、第三者へのダメージは当たり前のことですが、自己の精神衛生にとっても甚大なキズになる確率が高いのです。
審美の側面でも仮歯は肝心な勤めを果たしています。目の間をまっすぐにつなげる線と前歯の先の線が直線でないと、まるで顔の全体がアンバランスな雰囲気に見えます。